ダニ対策 乾燥剤

乾燥剤で食品のダニ対策はできる?知られらずデメリットも!

 

【乾燥剤で食品のダニ対策は可能か?】

小麦粉や片栗粉などの粉類は常温で保存すると粉ダニという虫が沸くそうです。この虫、目には見えないそうですので知らずに口に入れてる可能性も…考えるだけでゾッとしますよね。

 

何かいい保存方法はないものか…あるんです!

 

お菓子などの製品によく付いてくる乾燥剤「シリカゲル。今は100均やホームセンターなどでも手軽に手に入れることが出来ます。こちらに商品で食品などのダニ対策は可能なのでしょうか? ズバリもちろん可能です!今回はそのメリットとデメリットを紹介させていただきます。

 

 

【手軽さ?安全性は?そのメリットとは。】

メリットはなんといっても手軽に手に入れれること。安価で手に入れれますので使用しやすいですよね。また場所も取らないのも魅力です!これだと冷蔵庫に入りきらない時でも気軽にダニ対策が行えます。

 

 

【しかしデメリットもあります。】

デメリットとしては、きちんとした使用方法じゃないとダニは死滅しないということ。シリカゲルは強力な乾燥剤になりますが、ダニは湿度が40パーセント以下じゃないと死滅しないと言われています。またシリカゲルの効果は永久的なものではありませんので、商法に気をつけましょう。

 

 

【とはいえ、やっぱり手軽なシリカゲル!】

こちらの保存方法にはデメリットもありますが、メリットの方が多いと思います。食品のダニ対策は気になりだしたらキリがありません。またシリカゲルを利用したから安心!というわけでもありません。保存場所もできるだけ高い位置で保存して湿気を避けるなど考えましょう。